MENU

ご朱印は無人の寺院・神社では基本的に行っていない場合が多いです。
有人のところでも基本的には書いていただけますが、受付しているかどうか一度聞いてみましょう。

このページでは、ご朱印を受け付けている京都の寺院と神社をご紹介します。
もちろん紹介したところ以外にもご朱印をもらえる寺院と神社はたくさんありますので、調べて訪れてみましょう。

東寺

東寺はおよそ1200年前に作られ、平安京の遺構で唯一残っている建物です。
1994年に世界遺産として登録されました。
東寺は平安遷都とともに国立の寺院として建立され、嵯峨天皇によって唐で新しい仏教・密教を学んで帰国した弘法大師空海に託されました。
御影堂では今でも弘法大師空海がいらしたときと同じように、一の膳・二の膳・お茶を出してくださいます。
東寺に行かれたらまず御影堂にお参りするのがいいでしょう。

南禅寺

福地町にある臨済宗南禅寺派大本山の寺院です。
日本最初の勅願禅寺で、京都五山および鎌倉五山の上におかれる別格扱いの寺院です。日本の全ての禅寺のなかで最も高い格式をもちます。

庭園は池泉回遊式庭園で、京都で唯一といわれる鎌倉時代の代表的な庭園です。いつの季節に訪れても四季を感じることができますが、特に秋の紅葉スポットとして人気です。

境内には1890年(明治23年)に作られた水路閣があり、観光客に人気。この水路閣は琵琶湖の湖水を京都市内に引く琵琶湖疏水を通すためのものです。

伏見稲荷大社

全国の「商売繁盛・五穀豊穣の神」が祀られている「お稲荷さん」の総本宮が伏見稲荷大社です。
当社御祭神であった稲荷大神様がこのお山に御鎮座されたのは、奈良時代711年(和銅4年)2月初午の日。平成23年(2011)に御鎮座1300年を迎えました。

本殿背後にある千本鳥居は、朱塗りの鳥居がトンネルのように連なっていて観光客に人気のスポットになっています。

八坂神社

八坂神社は祇園町北側にある神社です。全国にある八坂神社や素戔嗚尊を祭神とする関連神社(約2,300社)の総本社で、祇園さんとも呼ばれます。本殿と西楼門は国の重要文化財に指定されています。

商売繁盛・厄除けの神として知られていて、連日多くの観光客がここを訪れています。社内には末社のひとつとして美御前社(うつくしごぜんしゃ)があり、美の神として舞妓さんや芸妓さんもお参りする社です。美御前社では霊験あらたかな湧き水「美容水」が湧き出ており、外見だけでなく内面も磨かれる水として有名です。

© 2019 有限会社 文政堂