MENU

朱印帳は集印帖とも書かれます。社寺を訪れて、そこでもらうご朱印をおした帳面(和帳)のことです。スタンプ帳とどう違うのかとお尋ねを受けます。

スタンプ帳は社寺や名所旧跡に置かれているスタンプを旅の思い出として自分でおすもので、無料で気楽に利用できます。
朱印帳は、訪れた社寺に「ご朱印をお願いします」と依頼し、社寺の担当者にご朱印をおしてもらいます。この折りにお布施等の名目でお金を支払います。ご朱印はその社寺の顔でもあり、スタンプとは違い隷書(れいしょ)体などの凝った字体を用いています。

本来はご朱印におされる印は寺の宝印でした。また最大の違いはご朱印をおし、そこに墨字(筆)で文字を入れてくれることです。多くはご朱印の社寺印と毛筆の社寺名が入ります。
毛筆ではなく、板字(版画)の所もあります。また観音霊場などでは、お経の文句を書いてくれるところもあります。

参拝

ご朱印をいただく前には必ず参拝してからいただくようにしましょう。
ご朱印だけをもらうのは大変失礼です。
まず手水舎で口と手を清め、神社では二礼二拍手一礼、寺院では軽く一礼をして合掌をします。

ご朱印所でご朱印をいただく

ご朱印は住職や神職が書いてくださいます。
書いていただいている間は飲食や大きな声でのおしゃべりは控えて静かに待ちます。写真撮影をしたい場合はひと声かけてから。
ご朱印は朱印帳に書いていただくものですが、忘れてしまった場合は半紙で渡してくれる寺社もあるので一度聞いてみましょう。
ご朱印は一枚一枚手書きで書いてくださいます。

ご朱印代

大体300円~500円のところが多いようです。
ご朱印代は「お気持ちで」と言われた場合は300円~500円を払うといいでしょう。
お手間をとらせないように小銭で支払います。

ご朱印を受け取る

作法はありませんが、ご朱印は御本尊、御神体の分身であるとても神聖なもの。両手で丁寧に受け取り、感謝の言葉を伝えましょう。
同じものはできませんので自分だけに書いてくださったご朱印を大切にしましょう。

© 2019 有限会社 文政堂