MENU

和本とは、わが国で古来行われていた整版法と装訂法とによって作られた本で和装本ともいいます。
和本のうち、紙面に手書きした本を写本(しゃほん)、印刷した本を版本(はんぽん)または刊本(かんぽん)と呼びます。 

結婚式や展覧会等に使う芳名帳、仏様の経本、謡曲や華道の本、神社仏閣巡りの朱印帖・集印帖、旅の思い出スタンプ帳、先祖を拝む過去帳、趣味の俳句帳・短歌帳、和綴じ手帳、画帳等々で使われています。
かつては教科書も和綴本でした。
宗教関係(経本等)を始めとして、文化、芸術、教養、趣味等の分野において、その潤いと温かさをもつ和本は今なお社会に広く必要とされています。

朱印帳

朱印帳とは、ご朱印(ごしゅいん:神社や寺院で参拝の記念として押してもらう印)を押してもらう帳簿のことです。

過去帳

過去帳とはお寺で檀家(だんか)・信徒の死者の俗名・法名・死亡年月日・年齢などを記入しておく帳簿のことです。

その他和本

芳名帳

芳名帳は「ほうめいちょう」と読み、結婚披露宴の招待客に受付において名前や住所等を記入してもらうノートのことです。

綴本(四つ目綴じ)

金襴の布をあつらえた昔ながらの製造方法を用いた手作りの本です。
日記帳やプレゼントに。

帙(ちつ)

和本などの書物を保存するために包む覆いのことです。厚紙を芯(しん)にして、丈夫な布や紙を貼りつけたものとなります。

折り本(おりほん)

折り本とは、横に長くつなぎ合わせた紙を一定間隔で折り畳んで作る製本方法です。または、そのような方法によって製本された本のことを言います。
折本(おりほん)と表記されることもあります。

© 2019 有限会社 文政堂